歴史
築造は棟札が半ば欠落しているため判然としないが、舞台内部の柱・壁・天井などに書かれた落書きにより、明治23年(1890年)に舞台開きの興行が行われたことが分かっています。地芝居の公演は江戸時代から行われ、明治、大正、昭和と隔年や休演を繰り返し戦後は途絶えていましたが、現在は毎年11月2・3日に定期公演を開催しています。
特徴

昭和46年に地元の青年団が新劇を公演し歌舞伎の復活に火がつき、昭和53年に全国でも珍しいコマ回し式回り舞台の芝居小屋が認められ、回り舞台の復活と大改修を経て、国の重要有形民俗文化財に指定されました。これを契機に、地元住民によって「白雲座歌舞伎保存会」が結成され現在まで引き継がれています。また、約70年前の地元画家による舞台背景の複製作業などを通じ、地域の伝統文化を盛り上げています。

活動内容

○伝統文化の保存と伝承
国・市指定の文化財の保存と会員の高齢化による後継者育成活動
○地域資源として観光への活用
県内外での出張公演などを通じた新たな角度からの地歌舞伎PR活動への取り組み
○舞台背景のレプリカ複製作業
複製作業を通じた文化財の保護・保全

今後の活動や方向性
登録されている文化財等を守りつつ、役者などの担い手育成に努め、地域の重要な資源として「地歌舞伎」のPR活動と地域に根付いた文化を後世へ継承することに努める。
公演日時
毎年11月2・3日
関連サイト
http://www.city.gero.lg.jp/
下呂市公式ホームページ

お知らせ・トピックス

アーカイブ

アクセス

Information

場所
下呂市門和佐「白雲座」
駐車場
あり
お問い合わせ電話番号
0576-24-2222 下呂市役所 観光商工部 観光課
お問い合わせメール
kankou@city.gero.lg.jp
交通アクセス
(車の場合)下呂温泉街から国道41号、257号、県道62号、432号経由で約25分。中央道中津川ICから車で約60分
(公共交通機関の場合)下呂温泉街からげろバス上原線で約25分。中村バス停下車徒歩3分